保育スタッフの紹介

Matthew

ヘッド・ティーチャー

米国・テキサス州出身。標準的な北米アクセントの英語を話します。クリスチャン家庭で育ち、兄と姉がいて、3人きょうだいの末っ子として特に愛されました。幼児期から、自然に囲まれた豊かな環境で思いきり遊んでいました。木登りをしたり、虫を観察したり育てたり、季節の草木や花を観察し、その匂いを楽しみました。週末には郊外の農場に家族でよく出かけ、牛や馬のお世話をしたり、農作物の収穫を楽しみ、自分が食べているものに対する理解も自然に身につきました。米国のテキサス州の大学で、Sociologyを専攻。日本に来て4年。以前は、他のインターで乳幼児の保育をしたり、日本の小学校でALT講師としても働いてきました。物腰がおだやかで、とても落ち着いたお兄さん。こどもたちと一緒に遊んだり、何かを一緒に学ぶことがとても好きな優しい人です。日曜日は、ライフハウス大阪インターナショナル教会に行っています。

マシューから皆様へのメッセージ

“Hello, my name is Matthew Chance. You can call me Matthew. I am from Texas. I grew up in the city but almost every weekend I visited the family farm out in the country. When I was a kid, I loved playing outdoors and having fun with nature and my imagination. I have lived in Osaka for almost 4 years now. I have a beautiful Japanese wife and we look forward to starting a family. My passion is working with children to lead them to a great future for themselves and their families. Every kid is special and can change the world if they are given a chance.

Alex

クラスルームティーチャー

オーストラリア・メルボルン出身。今年4月からアガペの保育スタッフに仲間入りしてくれて、素敵な仲間が増えて、みな喜んでいます。アレックスは、こどもたちが安心するような優しい笑顔と、やわらかくて丁寧な話し方で語りかけてくれる、母性あふれる女性です。ジムで体を鍛え、運動することが彼女の趣味の一つ。プロのアーティストの父親の影響を強く受けており、アレックスの人生そのものがアートと言えるほど、アートが好きな人です。スクールでは毎日のように行うクラフトやアートの準備を、微笑みながら行っていて、次々とこどもたちのためにどんなアートを体験させてあげたら、こころや手先の発達を促すことができるかを、他のスタッフとともに、真剣に考えて、保育の準備にいそしみ、保育現場では愛をこどもたちに注いでいます。日曜日は、エンジョイチャーチ大阪に行っています。

Yuka

スクール代表・保育士

幼少期をカナダで過ごし、標準的な北米アクセントの英語を話す。

現在3歳と6歳の子どもたちを英語で育てている。2016年に英語学童のハウマイツスクールで1年間勤務。6歳までに受けた英語教育の結果が、小学生になってどのようになるのか、熟知している。また、YouTube動画では、英語育児YukaPicaというチャンネルで、英語育児の現場を赤裸々に紹介している。

母親に連れられてキリスト教会に通い、賛美歌を赤ちゃんのころから聴いていたことが、その後の音楽の土台となった。2歳頃にYAMAHAの音楽教室に通い、3歳からピアノ教室に通う。4歳でカナダに移住し、現地のSeneca Collegeのエレン・スミー氏に師事。9歳からバイオリンに変更。10歳で帰国してからは、故伊東淳子氏に師事、20歳にギオルギ・バブアゼ氏に師事。神戸大学に在学中は、大学のオーケストラのコンサートミストレスを2年つとめた。出産するまでは、社会人オーケストラやアンサンブルで演奏活動を行った。普段は、クラシック音楽にとどまらず、好きな音楽を聴くと、踊りだして、歌いだしてしまう。日曜日は、カルバリー・チャペル・アバイド大阪に行っています。

良書の紹介

Miyuki

保育及び運営アシスタント・保育士

何と言っても「音楽命」のMiyukiです。クリスチャン家庭で育ったMiyukiは、音楽家の両親の影響もあり、ピアノ、バイオリンを演奏し、自然と音楽を愛するようになりました。大学では神学部を専攻、大学院では英語関係の専門分野を追求し、英語を身につけました。2年間、英会話教室では英会話講師、講師アシスタントとしての経験をつんだ後、アガペ―インターナショナルスクールに来ました。冷静で流されない性格の持ち主で、多くの人の信頼を得ています。幼児期に磨かれた感性によって、デザインセンスも優れており、Miyukiの落書き(連絡帳や保育日誌にMiyukiは時々素敵なイラストを描きます)は人気を博しています。日曜日は、エンジョイチャーチ大阪に行っています。

Kae

保育補助

幼少期をカナダで過ごし、標準的な北米アクセントの英語を話す。けいはんなキリスト教会の牧師夫人として教会学校の子どもたちに聖書のお話をしたり、讃美歌やワーシップソングのピアノ伴奏もします。

Yoko

日本語タイムのリーダー

日本語タイムのリーダー。読書が大好きなYoko先生。自身の3人のこどもたちが小学校に上がるまでは、毎晩決まって絵本を読んであげることを日課としてきた。今では、絵本の読み聞かせのボランティア活動をしたり、子育て支援だけに限らず、様々な社会福祉について学びを深め、活動をしている。

Yoko先生からのメッセージ:朝の日本語タイムを担当します。ごあいさつ、他者への思いやり、自分のことは自分でするといったことを大切にして子どもたちと向き合っています。また、たくさんの絵本に出会ってほしいと願い、毎日読み聞かせを行っています。

Miwako

日本語タイム担当

工作が得意なMiwako先生。物腰が柔らかく、手先が非常に器用なMiwako先生。朝の日本語の時間で工作が大好きになる子がたくさんいます。また、絵本の読み聞かせをとても大切にしてこられたMiwako先生。アガペキッズ一人ひとりのことを見て、時節だけでなく、こどもに最適な絵本を毎回厳選します。

Miwako先生からのメッセージ:

日本語・英語を問わず絵本が大好きで、子育て支援などで絵本の読み聞かせなどの活動をしてきました。園では、季節や伝統行事などの絵本、様々なジャンルの絵本の読み聞かせや、想像力を膨らませてクラフトなども楽しみながら、言葉の力・絵本の楽しさを伝えていきたいと思います。*毎日の遊びの中で「やってみよう!」「できた!」「楽しい!」の喜びを、又自分の考えを自分の言葉で伝えられるように、見守っていきたいと思います。

Yumiko

日本語タイム担当

音楽大学出身のYumiko先生は、ピアノを使った幼児の音楽教育に長年携わってきました。とくにわらべうた、リトミックが専門分野。保育の経験は幅広く、日本の保育園だけでなく、ニュージーランドの保育園でも保育補助の経験を積んでいる。国が違うと、保育に対する考え方もまるで違うことを、先生の立場で体験しており、それぞれの良さを取り入れることで、とても素敵な保育ができることに、喜びを感じている先生です。

Noriko

日本語タイム担当

最近、初孫が生まれたNoriko先生!園児ひとり一人が卒園するまできちんと見送りたい思いをもって保育にはいっています、と語っています。暫くは保育とご家族のサポートで忙しくなると思います。アガペのこどもたちがどのようにして、新生児から2歳まで成長していくか、その目でしっかり見て、その手でしっかり感じて、その心でしっかり受け止めることができる貴重な体験が始まり、さらに素敵な先生に成長することでしょう!

Ayako

日本語タイム担当

素敵なビッグスマイルが特徴の、Ayako先生。小学生の男の子のママ、鍼灸師でもあり、健康のプロ。幼少期は大自然の中で育ち、話し方も雰囲気も、とっても穏やか。初めて会ったこどもたちは、Ayako先生のことがすぐに好きになります。